トップ

安楽死と尊厳死の違いについて

安楽死と尊厳死の違い

安楽死と尊厳死への医師の関わり

尊厳死とは、人間としての尊厳を保って死に至ること、ないしはそのようにして達成された死のことを指します。医療技術の進歩により、重症患者での呼吸や栄養補給ができるようになったため、病気の種類によっては寿命を人工的に引き延ばすことができるようになったため、議論されるようになりました。安楽死とは、治療が不可能かつ苦痛の強い疾患の患者を救済するため、医師が積極的、あるいは消極的手段によって患者を死に至らしめることを指します。積極的なものは薬物の投与などで積極的に死期を早めること、消極的なものは無意味な延命治療や努力をしないで死に至らしめることを意味します。尊厳死は、安楽死と同じであるという誤解が多いですが、このような違いがあるのです。これら踏まえたうえで、医師は患者の命を救いたいという思いと、患者の意思決定を尊重したいという思いの間で板挟みになることが多いです。いずれを選択するにしても、患者とその家族、医師が互いに信頼関係で結ばれていることが重要となります。

医師,週末

安楽死、尊厳死に関する議論

助かる見込みのない病人を苦痛から解放する目的で延命処置を中止したり死期を早める処置をとる事を安楽死、助かる見込みのないまま長期間にわたって植物状態が続いたり激しい苦痛に悩まされつづけている患者に対して人為的な延命処置を中止し、人間としての尊厳を維持したまま死を迎えさせる事を尊厳死といいます。現在日本ではこれらに関する法律がなく認められていません。多くの国でも明らかに他者の生命を終わらせることを意図した行為とされ、医師にとっては殺人、患者にとっては自殺とみなされています。医療が発達し大半の苦痛は緩和できるようになりましたが、いくら薬物を使っても抑えきれない苦痛はまだあります。治療の痛みや苦しみに耐える姿をみるのが辛い、元気になって欲しいがもう手の施しようがないのなら、せめて病人の好きなようにさせてあげたいと思う家族もいます。本来の任務が病気を治すことである医師にとっても患者の意思を尊重するべきか悩ましいところです。安楽死、尊厳死についてこれからも議論が続きますが、いつ何が起こるか分からないので終末期医療について族とはもちろん医療者とも前もって話し合っておくことが重要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 安楽死と尊厳死の違いについて. All rights reserved.