トップ / 医師に向いている性格

医師に向いている性格

医師に向いている人

医師の性格と向いている科

医師も人間であり、それぞれの性格があります。性格によって向いている科がありますので、参考にしてみてください。まず、内科の医師は患者の話を聞き逃す来なく、症状に合わせて治療方針を決定する知識の豊富さと応用力が必要になります。したがって、日々知識を向上させるための探求心が豊かな性格の人が向いていると言えます。外科は、事故などで運ばれてくる患者に、一秒を争う手術を行わなければならない場面に遭遇しますので、瞬時の判断力を持った、時に大胆な性格の人が向いていると言えます。

医師,週末

医師として向いている科は

医師の向いている科は本人の意欲と適性でほぼ決まります。常に高いモチベーションが要求されるので、医療分野に対する意欲は大前提として、具体的にどのような治療を中心に行いたいのか、患者との関係性をどのように築きたいのかなど、医師としての理想像に応じてそれが可能となる科を選ぶことになります。また、向いている科は本人が持つ適性によっても決まります。診断や手術などの中から本人が特に得意とすることや、対不特定多数が得意かマンツーマンが得意かといった患者とのコミュニケーション能力の方向性などが密接に関わります。

↑PAGE TOP

© Copyright 安楽死と尊厳死の違いについて. All rights reserved.