トップ / 医師に対する医療訴訟について

医師に対する医療訴訟について

医師に対する医療訴訟

医師に対する医療訴訟を防ぐには

医師は常に患者の治療に細心の注意を払って当たらなければならないものです。適正な薬剤の使用や患者の容体に注意した診療などを行うことが義務付けられています。しかし、時としてミスが発生してしまうことがあります。このミスによっては患者が本来では考えられない重篤な状態になったり、最悪の場合には死亡してしまうことが有り、このミスの発生要因によっては医師が医療訴訟を起こされ、損害賠償を請求される場合も有ります。特に薬剤の投与の指示を誤った、もしくは投与の際の確認を怠ったなどの場合には重大な発生要因があったと認められ、損害賠償を請求されることになります。また、医療訴訟を起こされた場合、医師個人だけでなく病院全体にも大きな影響を及ぼします。何よりも患者の家族にとっては非常に重大な問題となるため、こうした発生要因を撲滅するために日頃から細心の注意を払い、常にチェックしミスを起こさない姿勢で医療行為に臨むことが大切です。

医師,週末

医療訴訟の損害賠償や発生要因

医療訴訟とは、治療方法が適切でなかったことから患者が死亡する、後遺症が残るなどの問題が生じたときに、医師や病院を相手取り、裁判が行われるというものです。民事訴訟にて損害賠償請求がなされるケースが多くを占めますが、稀に業務上過失致死傷罪が疑われるとして、刑事訴訟になることもあります。発生要因としては、十分な知識を持たない医師が不慣れな治療を行ったり、古い知識のまま診断をしてしまう誤診が代表的な例です。数十年前と比較して、医療訴訟の件数は増加傾向にあり、平成7年と平成21年を比較しても、おおよそ2倍の増加率となっています。損害賠償請求の目安として、治療費の合計や入院費用、損害を受けたことが原因となり休業せざるを得なかった期間分の収入、後遺症による介護費や仕事が限定されることによる収入減などを総合的に見て、算出されます。しかし、必ずしも損害賠償が請求できるわけではなく、発生要因として医師の過失、その因果関係、結果としての損害が明確である場合に限ります。

↑PAGE TOP

© Copyright 安楽死と尊厳死の違いについて. All rights reserved.