トップ / 医師の仕事と休みの重要性

医師の仕事と休みの重要性

医師の休みについて

医師は休みも仕事のうちです

医師の仕事は業務量が多く、睡眠時間を削りがちです。特に救急については24時間対応になりますから休息も取りづらくなります。体力が続くうちはよいのですが、休みをしっかりと確保して体を休ませることも医師の仕事のうちに入ります。体調管理が良くなければ診察してもらっても患者が不安になりますし、病院という場所柄感染症などの危険性も発生してしまうことになり、信頼感が低下しかねません。休みはしっかりと取り、体を休めたりリフレッシュすることに使うことが重要です。

医師,週末

医師は休みの日も仕事が入る職業

医師は24時間常に患者のことを考える必要があり、非常に忙しい毎日を過ごすことになります。時には休みの日も電話一本で病院に駆けつけなければならず、それが緊急を要するならばなおさらです。医師は経験を重ねてくると、仕事とプライベートを上手く両立させられるようになってきますが、それでも休みの日に電話がかかってくるなどは変わりません。冠婚葬祭などどうしても外せない用事があるときだけ、休日が確保されているといっても過言ではないでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 安楽死と尊厳死の違いについて. All rights reserved.