トップ / 医師の身だしなみと印象

医師の身だしなみと印象

医師の身だしなみ

医師も身だしなみを整えて

いくら忙しい仕事といえども、医師がきちんとした格好を心掛けるのは大切なことです。医師が身だしなみを整えることにより、患者さんへの印象が良くなり、安心感を与えることにつながります。不潔だったりだらしない恰好をしているお医者さんより、清潔感のある髪形をしていて、ヒゲをきちんと剃っていて、華美でない服や綺麗でしわのついていない白衣を着ているお医者さんの方に、信頼して診療や治療を任せたいと考える患者さんは多いのです。

医師,週末

医師は身だしなみ整えも大事

医師にとって身だしなみの整えは極めて大切なこととなります。医は仁術などと言いますが、信頼関係がベースになければ直るものも治らないということがあるからです。信頼関係を築くというのは、一朝一夕では成り立たないで、長い月日の中で育てられるものですから、とても難しいものですが、壊すことはそれほど難しくないのです。挙措動作一つで簡単に崩れてしまいます。長い付き合いがない場合は、外見なども大きな影響を与えるので、まずは緒に就くということからして、医師は服装や髪などを始め清潔な感じであることが前提条件とも言えるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 安楽死と尊厳死の違いについて. All rights reserved.