トップ / 医師の離職をどう考えるか

医師の離職をどう考えるか

医師の離職対策とは

医師が離職することについて

患者の健康を取り戻すことができなかった、命を救うことができなかった実例から、医師を離職することがあります。最善を尽くしたからこその決断であり、患者の備える治癒力との兼ね合いもあることから、全ての責任を抱え込み必要はありません。症例として、後の医療につながるデータを築き上げていますので、決して無駄なことでもありません。薬の開発やボランティアなどにかかわりながら過ごす場合も多く、常に人間の健康に注視する姿に変わりはありません。

医師,週末

医師の離職の原因について

医師の離職による不足が問題となっています。労働時間の長さや、最先端の医療についていくための日々の勉強、患者さんや家族の方からのクレーム対応などやりがい以上にストレスがかかる職業です。時に女医は全体の3割ですが、35歳では76%まで落ちています。原因の大半は出産と子育てであることがわかっています。復帰してからも時短でしか働けず、レベルアップがなかなかできずどちらも中途半端になっていると感じる方が多いようです。職場の保育所確保や病児保育など対策が必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 安楽死と尊厳死の違いについて. All rights reserved.