トップ / 国際的に見た医師の年収について

国際的に見た医師の年収について

国内外の医師の比較

国際的に見た医師の年収

現在の日本は医師の労働が過酷として社会的問題になっていますが、日本の職業別の年収で見てみると弁護士に次いで高い平均になっていて人気は高いです。日本でも高給な給与な医者ですが、国際的に比較したときにはどうなのでしょうか。2004年の調査では、日本の週労働時間は40.1時間で時給では5,882円となっていて高い水準になっています。しかし、実際は70.6時間が平均となっているので時給では3,344円となります。これは、アメリカだと時給7,320円になり、イギリスでは時給7,023円でとても少ないことがわかります。更に、専門医の時給は日本では全くおなじ時給なのに対して、アメリカでは時給1,1200円となります。国際的にみても年収が低いのは、日本は例え専門医になっても初診料という保険制度があって一律になっているために、有名な医師が診察しても同じ値段で計算されてしまうためです。制度の違いは国自体が動かなければ無理ですが、少しでも良い待遇をしている医院は多く存在しているので、探してみるとよいでしょう。

医師,週末

国内と海外での平均年収の違い

国内の医師は勤務時間の長さに比べると、収入が少ない傾向にあります。それゆえ自分の能力を高めるためにも海外に飛び出し、国際的に活躍できるようになりたいと考えている方もあるかも知れませんね。しかし海外に出ても、収入が少なくてはやる気がなくなってしまうので、国際的に活躍している医師の年収の相場を知っておくことは大切です。一般医(GP)の給与を国際的に比較してみると、アメリカの年間平均年収はおよそ2000万円ほどで、イギリスやオランダの場合は1,600万円程度になります。それに比べると、日本の年間平均年収は1,200万円ほどなので、今の収入に納得できない方は、思い切って海外を視野に入れてみるのもよいでしょうね。週の労働時間が少なめの国を選べば、心身ともに負担が少ないうえ、快適に働くことが出来ます。海外で活躍する医師になりたい方は、求人情報サイトを利用すると見つけられるので、待遇の良いところがあれば応募するようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 安楽死と尊厳死の違いについて. All rights reserved.